ココのふんわり日記

~ インテリア・香りもの・音楽が好きなココのblog ~

今日の音楽 1

 

今回から時々,不定期で

 

私ココの最近よく聴く音楽や昔から大好きな楽曲などを

ご紹介してゆきたいと思います。

 

 

第1回は,

1960年代のフレンチポップスから1曲。

先日ちょっと落ち込んだ夜に聴いて,とても元気づけられた音楽です。

 

 

f:id:fleur12:20190223234217p:plain

by  pixabay 

 

『恋はみずいろ』

1967年(仏)L'amour  est  bleu

作詞:ピエール・クール

作曲:アンドレ・ポップ

  

ギリシャ出身の女性歌手,

ヴィッキー・レアンドロスの歌唱により発表された曲です。

ポール・モーリア編曲のインストゥルメンタルバージョンがとても有名ですね。

 

色々な歌手によってカバーもされている名曲ですが,

個人的にはヴィッキーの歌う原曲が一番のお気に入りです。

 

 

健全でやわらかな美しさを持つ彼女の声と

素朴な言葉で静かな感動を与えるその歌詞が,

 

当時のフレンチポップス特有の

哀愁を帯びた,繊細で愛らしい曲調と合わさり・・

 

聴く人の心に

何とも言えない余韻をのこします。

 

 

恋の喜び・幸福を歌ったこの曲には

途中恋人が離れていってしまう灰色の哀しみも訪れますが,

 

最後には恋人が戻ってきて,

空と海の青にたとえられた ” 恋の甘美 ” が再び強く歌われるのです。

  

 

純粋な美しさを持つこの曲を聴くと,

落ち込んだ心も救われて初心に戻れるような気がします。

 

恋の歓喜を赤やピンクではなく

” bleu  (青) ” と表現するその感性は,

どこか日本人の繊細さと重なるところもありそうですね。

 

 

・・というわけで〈 今日の音楽 〉

第1回は,『 恋はみずいろ 』でした。