ココのふんわり日記

~ インテリア・香りもの・音楽が好きなココのblog ~

Moomin

 

学生の頃に,ムーミンのアニメを何話か観ました。

 

その中で印象に残っているのが

冬眠中にムーミントロールが目覚めてしまうお話です。 

 

 

ムーミン谷の自然や小さな出来事が

淡々と綴られているのをみて,

  

遠い北欧のお話であるにもかかわらず

日本人の持つ繊細さや良心に似た何かを感じていました。

  

 

その時から,原作を読んでみたいな (*´ᵕ`*)

と思っていたのですが

なかなか購入にまでは至らず・・

 

そこで今実践している電子書籍での読書生活に

ムーミンシリーズを取り入れることにしました 🌸

 

 

ただ,どのお話から読めばいいのかな??

という疑問が生じたので

 

ひとまず出版年を調べて,時系列に沿って読むことにしました。

原作小説の全9作品は以下の順に刊行されているようです。

 

 

1.小さなトロールと大きな洪水

  1945年

2.ムーミン谷の彗星

  1946年(1956年改訂,1968年三訂)

3.たのしいムーミン一家

  1948年

4.ムーミンパパの思い出

  1950年

5.ムーミン谷の夏まつり

  1954年

6.ムーミン谷の冬

  1957年

7.ムーミン谷の仲間たち

  1962年

8.ムーミンパパ海へ行く

  1965年

9.ムーミン谷の十一月

  1970年

 

こうして刊行年をみてみると,

意外と最近の作品かも・・?という感じです。

 

最後の刊行が50年前くらいですもんね。

何となく,もっと古い時代の作品のような気がしていました。

 

 

ーということで早速,講談社文庫の

『小さなトロールと大きな洪水』から読み始めてみることにします。

 

 

現在読んでいる早川書房のクリスティー文庫のほうは

適当な順序で読んでいますが・・

 

両シリーズを並行して読みすすめていくことで,

電子書籍による読書生活がより豊かなものになりそうです ( ´ ᵕ ` )੭ ♡