ココのふんわり日記

~ インテリア・香りもの・音楽が好きなココのblog ~

美術館へ

 

先日の記事で,

次の休日は頑張って外出したいな・・という願望を述べましたが

 → お家大好き ( ´ᵕ` ) ♡

 

この前の休日,予定どおり美術館に行くことができました。

 

みてきたのは北海道立近代美術館の

常設展「きらめく都市のものがたり」です。

 

f:id:fleur12:20190211005857p:plain

 

見どころは

フランスの女性画家マリー・ローランサンの

” 三人の娘 ” 1943年/油彩 キャンバス

 

同じくフランスのモーリス・ユトリロの

” シセイ・アン・モルヴァン ” 1914年頃/油彩 ボード

 

など,

エコール・ド・パリの作家やパリに渡った日本人の作品です。

 

 

昔から好きな画家の一人,ユトリロは

1883年12月26日

パリのモンマルトルに生まれた画家です。

 

アルコール依存症治療の一環として行っていた描画が,

作品として評価されるようになりました。

 

 

彼の最高傑作期とされる「白の時代」には

パリの街角に建つ教会や

家々の壁・石の塀などが微妙なニュアンスの白で表現されており,

 

不安げで寂しそうな表情と,

静謐でどこか夢のような不思議なほの暗さに包まれています。

 

 

ユトリロの作品はたった1点でしたが,

みられただけでも嬉しいです ( ´ ᵕ ` ) ♡

 

 

 

帰りは美術館向かいの北菓楼で,お菓子を買いました。

 

f:id:fleur12:20190211010144p:plain



この小豆パイが特に美味しかったです。

甘すぎずパイ生地も薄くて,上品な?味わい。

 

店内もバレンタイン商品が可愛くディスプレイされていて,

お客さんで賑わっていましたよ。

 

 

5か月ぶりくらいの美術館でしたが,

とっても良い気分転換になりました。

 

やっぱり休日には時々お出かけするのが良いですね。

次はどこに行こうかな・・♪